content



페이지 위치

水原華城公演案内

> 観光案内 > 水原華城公演案内


상세보기
題目 武芸24技 facebooktwitter
著者 Admin 日にち 2013.06.03 訪問者数 7002
 
朝鮮伝統の武芸と中国と日本の優秀な武芸を積極的に受け入れて作った武藝圖譜通志に収録された24種類の実戦武芸であり、見る人の胸をすっきりさせるでしょう。
 
行事案内
  • 日時:1月~12月(毎週火~日曜日) 11:00 運営中断
  • 場所:華城行宮新豊樓
  • 内容:「武藝圖譜通志」に収録された24種類の実戦武芸の試演
  • 武芸24技の構成
    - 武芸図譜通志ㆍ第1巻 : 長槍・竹長槍・旗槍・鐺鈀・狼筅・騎槍
    - 武芸図譜通志ㆍ第2巻 : 雙手刀・銳刀・倭剣・交戰
    - 武芸図譜通志ㆍ第3巻 : 提督剣・本國剣・雙剣・馬上雙剣・月刀・馬上月刀・挾刀・藤牌
    - 武芸図譜通志ㆍ第4巻 : 拳法・棍捧・鞭棍・馬上鞭棍・擊毬・馬上才
  • 問い合わせ : +82-31-267-1644
 
武芸24技とは
  • 武芸24技とは
      正祖の命を受けた実学者の李德懋,、朴齊家と武芸の達人の白東修が1790年に編纂した「武芸図譜通志」の24種類の武芸を指します。「武芸図譜通志」は朝鮮の伝統武芸は勿論、中国や日本の優れた武芸を積極的に取り入れ、「24の技」で整理した武芸教本で富国強兵の実学精神が盛り込まれています。武芸24技は華城に駐屯していた当代の朝鮮の最精鋭部隊の壯勇營の外營兵士たちが習った武芸で、歴史的な価値は勿論のこと、芸術的・体育的価値の高い無形文化遺産です。ここ華城行宮の北軍営と南軍営に駐屯していた兵士たちも武芸24を修練し、行宮の護衛に最善を尽くしました。華城行宮の復元に合わせて、韓国民族の逞しい立ち振る舞いと気迫に溢れる武芸24技の試演が行なわれます。
  • 武芸24技が完成するまで
    文禄・慶長の役で朝鮮王朝は槍と剣武の重要性を痛感しました。それを受けて1598年に韓嶠が中国武芸である長槍、雙手刀などを兵士に容易く学ばせようと、姿勢と動作を絵と説明で構成した「武芸諸譜」を編纂し、1604年には「拳譜」を、1610年には崔起南が偃月刀、倭剣などを説明した「武芸諸譜翻訳続集」を編纂して軍営に普及しました。そのように朝鮮は文禄・慶長の役の後、中国と日本の優秀な武芸を積極的に取り入れました。その頃、旗槍・本國剣・銳刀のように韓国民族固有の武芸が発掘され、新たな武芸が創案され、孝宗が北伐を計画していた1650年頃からそのような武芸を武士選抜の試験科目にしました。1680年頃には韓・中・日3国の剣術に通達した金體乾が交戰を創案して軍営に普及しました。交戰は武芸24技のうち、最も最後に完成した武芸です。1759年には北伐を夢見ていた莊獻世子の命を受けた訓練都監の敎練官だった林秀雄が、地上武芸の18技を図譜で整理した武芸新譜を編纂しました。莊獻世子の息子の正祖は即位した1776年に父の意志を引き継ぎ、18技と馬上武芸4技を兵士たちに訓練させ、1785年にはそれらの内容を法律で決めました。正祖の命を受けた奎章閣の検書官の李德懋、朴齊家と壯勇營の哨官の白東修が地上武芸の18技と馬上武芸の6技を合わせて総24技の武芸を整理し、1790年4月に「武芸図譜通志」を壯勇營で編纂して全軍営に普及しました。その後、壯勇營、訓練都監、御營庁などの中央軍営は勿論、8道の軍営でも「武芸図譜通志」を教範として武芸24技を身につけました。
  • 李德懋と朴齊家
    李德懋は朝鮮後期の実学者であると同時に詩人で、白東修と共に1789年の秋に正祖の命を受けて韓・中・日3国の多くの書籍を参考にして武芸24技の歴史と起源を明らかにし、翌年の4月に「武芸図譜通志」を出版しました。この時、考証学の大家だった李德懋は武芸の歴史を明らかにし、名筆家の朴齊家は本の版本になる字を書きました。
  • 白東修
    武芸の達人として壯勇營の哨官に任命されて活動していた時に李德懋、朴齊家と共に「武芸図譜通志」の編纂に参加し、武芸の実技を直接考証し、出版の監督を務めました。

 

 

 

Attache 24MartialArtsTrialPerformance.jpg

Quick Menu

  • GUIDE TOUR

TOP



GO TOP