content


財団情報



페이지 위치

財団情報

> 財団情報 > 財団情報


상세보기
題目 特別な公演で構成された華城行宮「土曜常設公演」 facebooktwitter
著者 관리자 日にち 2014.08.21 訪問者数 1016
毎週土曜日午後2時、華城行宮の新豊楼前で開かれる「土曜常設公演」!
土曜常設公演は、華城の築城を記念して開かれた公演を再演するもので、宮中舞踊、パングッ、舞童ノリ、綱渡り、獅子舞などを披露します。
中でも毎月第4土曜日には国楽と絵画が織り成す特別な舞台が繰り広げられます。
朝鮮時代後期を代表する画家・金弘道と申潤福らの絵画をもとに、その時代に関わる物語や絵画の中に隠された物語を分かりやすく、楽しく聞かせてくれます。絵画にまつわる演奏と舞踊をかけ合わせることで、まるで絵画が舞台に飛び出したような感覚を覚えることでしょう。最大の見どころはなんと言っても新豊楼の前に長く広げられた4枚の布に直接絵を描いていくことです。古風な行宮の雰囲気と、作家の即興的かつ繊細な筆遣いは必見です。
毎月第2土曜日には、重要無形文化財第58号芸能保有者である金大均の綱渡り公演が行われます。
皆様、どうぞご期待ください。

KakaoTalk_20140820_192406567.jpg

KakaoTalk_20140820_192412074.jpg

DSC_0504.jpg

DSC_0023.jpg

2P9A3160_.jpg
Attache

Quick Menu

  • GUIDE TOUR

TOP



GO TOP