content


財団情報



페이지 위치

財団情報

> 財団情報 > 財団情報


상세보기
題目 現代美術作品の移動式展示<石の生活> facebooktwitter
著者 재단관리자 日にち 2016.10.31 訪問者数 599
水原文化財団(代表取締役キム・スングク)は11月30日まで、長安公園、華虹門、行宮広場で「水原華城」をテーマにした移動式展示<石の生活>を披露する。
今回の展示は、建築家、美術家、パフォーマーなど、様々な分野の芸術家たちが水原華城を構成する最も基礎的な単位である「石」が持つ歴史性と物性を芸術的に解釈した現代的な設置作品である。
代表的な作品<動く石>は、ポリカーボネートと金属からなるゲートの形をした構造物で水原華城の石を形象化し、横6m縦2m、高さ2.6mの長方形の大きさで、漸進的に小さくなるモジュール形態で、計10個で構成されている。
このほか、横5m縦3m高さ4mの石の形をした造形物<私の石>、昔の水原華城の様子を背景にフォトゾーンに設置した<今の記憶>、葉書にメッセージを書いて壁に貼る観客参加型設置作品である<私の隣人>、4人の俳優が岩の紳士となってイメージを表現するパフォーマンス<岩の紳士>にも出会うことができる。
企画者の独立キュレーター アン・デウン氏は、「私たちの周りによく見られる石が人間の歴史の中で多様に変貌してきた過程を想起し、東洋城郭の白眉と言われる水原華城を構成する石を通じて、それが過ぎてきた複雑な歴史と石と共に生きてきた数多くの人たちの人生を思い浮かべて展示を準備した」と企画意図を明らかにした。
Attache

Quick Menu

  • GUIDE TOUR

TOP



GO TOP