content


財団情報



페이지 위치

財団情報

> 財団情報 > 財団情報


상세보기
題目 森の中のパーティー「2018水原演劇祭」終了 facebooktwitter
著者 관리자 日にち 2018.05.28 訪問者数 265
2018水原演劇祭に15万人の観覧客が大挙観覧して盛況を成した。水原演劇祭は、25日から27日までの3日間、京畿想像キャンパスで国内外の35チームが合計86回にわたって華やかな公演を繰り広げた。
「森の中のパーティー」というスローガンで、街頭劇、サーカス、空中パフォーマンスなど、周辺の自然空間と合致する作品を披露した。特に開幕代表作であるトランス・エクスプレス(フランス)の「人間モービル」は、2回にわたる野外公演で観覧客の大きな呼応を得た。100トンのクレーンで吊り下げられた6人のおもちゃの兵隊服のドラマーと、女性曲芸師の冷や汗をかいてぞっとする芸が大勢の観衆の視線を一身に集めた。
続いて、ヒップホップダンサーが金網を使って強力なビットのパフォーマンスで緊張と解放の場面を演出したディプ・チク(フランス)の「解体」、翼竜を連想させるクローズ・アクト(オランダ)の「バードマン」は子供の童心を刺激した。
特に、閉幕代表作である芸術花火花郎の「炎の歌」は、炎とともに生きる人々の物語を通して、労働の意味と職人精神の衰退を比喩的に表現した。また、浮力で揺れる大きなはしごの動きを介して人間の本能を繊細に描いた劇団モムコルの「不良衝動2018」、クレーンとロープを使って建物の壁を舞台にして公演した創作中心ダンディの「ダンディ寓話」は、3放(3つの放棄)世代に代表される若者たちの挫折と希望を同時に表わした。特に今回の演劇祭で目を引いたのは、見て楽しむ既存の公演一辺倒の祭りから脱し、観客が直接参加する観客参加型の祭りを目指したという点である。
このほか、森の中を舞台にさまざまな照明アートを披露した。フィルックス照明博物館とともに照明を活用した作品10点余りと、祝祭場の至るところを色鮮やかに飾るLEDバルーン、点滅を繰り返すホタル照明などが数百個設置された木々と調和して、光の祭りの感性を生かす空間演出を試みた。
Attache

Quick Menu

  • GUIDE TOUR

TOP



GO TOP