content


財団情報



페이지 위치

財団情報

> 財団情報 > 財団情報


상세보기
題目 第55回水原華城文化祭 facebooktwitter
著者 관리자 日にち 2018.09.03 訪問者数 280

秋が盛んに実る10月、水原には私たちの無味乾燥な日常を解決してくれる3日間の特別な経験「水原華城文化祭」がある。

朝鮮時代へのタイムマシン
1795年、正祖大王は母恵慶宮洪氏の還暦を迎え、華城では7泊8日間の御幸を行った。その御幸の様子は、そのまま「華城園幸図屏」と「園幸乙卯整理儀軌」に記録されており、これをもとに水原華城文化祭では、「恵慶宮洪氏進饌宴」「正祖大王陵行幸」など、様々な再現プログラムを行なっている。それだけでなく、「落成宴」、武芸ブランド公演の「夜操」など、御幸の時に行われた主要行事に現代的なアイデアを加えて、さらに創造的な見どころを提供する。

より広がり、より近くなった祭り
今年は会場が華西門及び長安公園の一帯まで拡大され、昨年に比べて多くの場所で祭りが繰り広げられる。これまで主に華城行宮と行宮広場でのみ行われていた祭りが、水原華城の全域に拡大され、広くなった場所を楽しく継ぐための様々な体験プログラムが準備されている。祭りの観覧客を対象にインタビューを行い、リアルタイムで放送を行う「水原ちゃんの移動スタジオ」、観覧客と一緒に悪代官達を探す「朝鮮名探偵、悪代官達の正体」、像のようで像でない「伝統石膏マイム」など、お互いにコミュニケーションしながら作っていくプログラムと共に観覧客により近づいていく予定である。

神秘的で美しい行宮の夜
華城行宮に月光が降ると、昼間には見ることができない風変わりな光景が繰り広げられる。普段夜間観覧が許されていない華城行宮で様々な公演と展示を観覧する経験も水原華城文化祭の「夜間特別観覧(有料入場)」と共に可能である。民に対する愛民思想をテーマにホログラム、光、風船照明などを活用したメディアアートパフォーマンスの「万川明月主人翁」、華城行宮内の隠された道と庭を光に従って観覧する「行宮オソルビッ道」、五色の紙灯籠などを背景に繰り広げられる公演「紙灯籠パフォーマンス」など、さまざまなプログラムに華城行宮内で出会うことができる。華城行宮の外でも、夜を照らす光が観覧客たちと出会う準備をしている。水原川に沿って繰り広げられる「水原灯篭祭り」、水原華城で最も美しい場所である龍淵で繰り広げられる「訪花隨柳亭月光音楽会」もお見逃しなく!

市民が作る祭り
2018年は、「市民中心型祭り」のアイデンティティを確立する年である。去る4月、市民を中心に構成された水原華城文化祭推進委員会が発足した。推進委は正祖大王陵行幸の共同再現に対する市民の意見を提示し、市民参加プログラムの企画発掘に参加して、各分科別に祭り開催のためにさまざまな意見を提示する役割をする。今年は昨年より6つ多い全体で21の市民参加プログラムが用意されている。水原華城文化祭は、また市民の寄付で作られた祭りでもある。市民の寄付で設置された美しい灯籠が行事会場の至る所に光を灯す予定であり、寄付金は、市民が一つになるパレードや市民提案プログラムなど、水原華城文化祭と正祖大王陵行幸の共同再現のために使用される。寄付した人たちには様々なメリットがあるので、水原市民であれば寄付と参加を通じて、もっと楽しく祭りに参加してみよう。

Attache

Quick Menu

  • GUIDE TOUR

TOP



GO TOP