content


財団情報



페이지 위치

財団情報

> 財団情報 > 財団情報


상세보기
題目 第56回水原華城文化祭 facebooktwitter
著者 수원문화재단 日にち 2019.09.30 訪問者数 219

第56回を迎える「水原華城文化祭」の歴史もまた「水原市民」と共に行われる。水原市民の日を記念して、「華虹文化祭」という名前で1964年に始まった水原華城文化祭は、「正祖大王陵行幸」「夜間武芸公演『夜操』」「恵慶宮洪氏進饌宴」など大規模な代表的プログラムと共に、2018年には京畿道を代表する観光祭りに、2019年には大韓民国文化観光優秀祭りに選ばれた。水原華城文化祭を語る時に欠くことのできない3つのテーマがある。それは、「水原華城」「正祖大王」「水原市民」である。この3つのテーマをよく表わすために、昨年よりもっと広い場所で、さらに長い時間開かれる予定である。

 

誰もが楽しく開かれた空間・行宮広場

水原華城文化祭を訪れる人々が一番最初に出会う場所、行宮広場では老若男女誰もが楽しい祭りを作るための様々なプログラムを用意している。公衆パフォーマンスと楽しいマダン劇で構成された開幕乱場「品」をはじめ、5つのドームの中で手・耳・目を楽しませる体験型公演プログラム「行宮娯楽館」、本と共に行う「子ども奎章閣」、水原華城の様々な施設が縮小された遊び場「想像工作所」など、広い場所にふさわしい様々な体験プログラムが行宮広場を訪問する子供たちと観覧客を迎える予定である。

 

過去の現代的再解釈・華城行宮

広場を通り過ぎて徐々に内側に足を運ぶと、3本の古木と一緒に新豊楼と書かれた華城行宮の正門が現れる。華城行宮は史跡478号で、韓国の行宮の中で最も規模が大きくて美しいといわれる。ここでは「正祖大王」をテーマにした様々なプログラムが昼から夜まで行われる予定である。園幸乙卯整理儀軌の中の珍味と出会うことができる「朝鮮珍味劇場」、親臨科挙試験をユーモラスに再解釈した「何かが少し違う科挙試験を受ける日」などのプログラムに昼間に出会うことができ、華城行宮に月光が降りると、恵慶宮洪氏進饌宴を現代的に再解釈したメディアアート進饌宴「閑中録1795」、水原華城の築城などをテーマにした物語コンサート「正祖実感」など、昼間には見ることができない風変わりなプログラムや風景に出会うことができる。行宮の隅々を歩きながら、昔の趣と現代の技術が作り出した美しさに酔ってみてほしい。

 

市民と一緒に作る華西門・長安公園

最近SNSで盛り上がている生態交通村に沿ってスタンプツアーをしてみると、いつのまにか水原華城の西側の門・華西門に到着する。10月2日落成宴を皮切りに、華西門と長安公園では、市民の提案と公募で選ばれた15のプログラムが行われる予定である。青少年と青年層を対象に行う「月光歌謡祭」、天然石の粉で絵を描く「石彩画水原華城描画」、市民が一緒に完成させる陵行図「正祖芸術を抱く」など、市民が直接企画し運営する様々な奇抜な体験と公演プログラムが用意されている。

 

夜がもっと期待される水原川・華虹門

 

水原八景の中に龍地待月という言葉があるように、水原川と調和する夜間の水原華城は、それ自体でも昔から秀麗な風景を誇る。これと共に、水原川では光と照明が調和する灯篭祭りが、華虹門の一帯では高品格のハウスコンサート「月光サロン」が、また城郭を背景に繰り広げられるDJ公演「グッドパーティー」など、最新のトレンドに合った感性的な公演とプログラムが行われる。

正祖大王の孝心と富国強兵の遠大な夢で築城された世界文化遺産の水原華城で出会う4日間の特別な経験。多彩な光とロマンチックな公演、その中に込められた数多くの物語が水原華城文化祭を訪れる観覧客に感性的でロマンチックな一日を届ける予定である。

 

期間:2019.10.3(木)〜6(日)

場所:水原華城一帯

www.swcf.or.kr/shcf

Attache

Quick Menu

  • GUIDE TOUR

TOP



GO TOP