content


財団情報



페이지 위치

財団情報

> 財団情報 > 財団情報


상세보기
題目 COVID-19を克服するための「芸術で寄り添う」プロジェクトの案内 facebooktwitter
著者 수원문화재단 日にち 2020.04.06 訪問者数 39

COVID-19により低迷している地域文化芸術界と、疲労感で疲れている水原市民のために、水原文化財団では「芸術に寄り添う」プロジェクトを進めています。
市民は、安全に非対面での文化芸術を楽しみ、芸術家たちは財団と一緒に安全な芸術活動を行います。
COVID-19を克服するため、私たちみんな、もう少し頑張りましょう!

<ベランダ1列>コンサート
去る24日午後、水原光教斗山ウィーブアパート団地で、13人組オーケストラの美しい音楽の旋律が鳴り響きました。まさに財団が行った<ベランダ1列>コンサートです。COVID-19の余波で長期化しているソーシャルディスタンスに疲れた市民の日常に、活力を取り戻すための公演でした。
<ベランダ1列>コンサートが始まると、多くの住民は、ベランダの窓を開けて拍手をしながら公演を鑑賞しました。この日の公演では、ソーシャルディスタンスガイドラインに基づき、共演者も、観客も一定距離を維持し、マスクを着用して安全に行われました。
今後、より多様な公演チームと水原の様々なアパート団地を訪ねて、このような<ベランダ1列>コンサートを行う予定です。

スウォニキャラクター入り綿マスク作り
COVID-19により、日常生活の基本的な持ち物になった「マスク」。かわいい水原市のキャラクター「スウォニ」が描かれた布(綿)でマスクを作るプログラムを用意しました。5月中には水原青少年文化センターと連携して事前に進行し、6月からは水原市民を対象に公開募集して行う予定です。このプログラムも非対面で行なわれます。作成方キットは自宅に配送され、作り方は水原市のYouTubeチャンネルで公開される予定です。

子ども図書館の図書予約貸出サービス運営
ソーシャルディスタンスにより休館していた子ども図書館を再開しました。賢い泉、知恵の泉、正しい泉の3ヵ所の子ども図書館で、水原市公共図書館の図書予約貸出サービスを運営します。読みたい本を水原市図書館のホームページやアプリを介して予約すると、申請した図書館で貸し出すサービスで、予約した書籍は火曜日から土曜日の午後1時から5時まで図書館の入口で受け取ることができます。

Attache

Quick Menu

  • GUIDE TOUR

TOP



GO TOP